MTG レアカード 見分け方

MTGのレアカードの見分け方とは?

鑑定

MTGレアカード見分け方を解説します。

 

MTGのカードでどのカードが価値の高いカードであるかどうか?というのは、
カードのある部分を見る事で一目で判別する事が可能になります。

 

まぁ、MTGを遊んだ事のある方にとっては当たり前の話になりますが、
昔はMTGで遊んでいたけど今はもうさっぱりという方や、
MTGのカードは友人等から譲って貰ったものなので、
どのカードが高いのか分からないという方もいらっしゃると思いますので、
そのような方に向けて解説しておきます。


MTGのレアカードの見分け方の解説

では、MTGのカードのどのカードがレアなカードであるか?を、
見極めるための解説をしていきますが、
MTGのカードのレアリティをチェックするためには、
MTGのカードの以下の部分をチェックします。

 

MTG レアカードの見分け方

 

上記の画像の赤枠の部分で囲ったマークのをチェックします。
ちなみにマークの模様はレアカードかどうかを見極める際には気にしなくてOKです。
画像では赤茶色をしていますね。

 

MTGのカードはマークの色をチェックするだけで、
レアカードかどうか?を見分ける事が出来るようになっています。

 

では、マークの色が何色だとレアカードなのか?というと以下の通りです。

 

レアリティ 説明
神話レア 赤茶色 赤茶色 神話レアカード MTGで最も価値の高いカード
レア 金色 金色 レアカード 比較的価値の高いカード
アンコモン 銀色 銀色 アンコモンカード 比較的価値の低いカード
コモン 黒色 黒色 コモンカード 価値の低いカード

 

つまりカードのマークの色が神話レア 赤茶色(赤茶色)だと最も価値の高い神話レアカードであり、
カードのマークの色がコモン 黒色(黒色)だと最も価値の低いコモンカードということになります。

 

繰り返しますがレアカードかどうかを判別するためにはマークの色だけを見るようにしましょう。
マークの模様はレアカードかどうか?には一切関係しません。

 

マークの模様エキスパンションシンボルといって、
MTGは色んなバージョンのカードが販売されているため、どのバージョンのカードであるか?
と、いうものを判別するために見るものになります。

 

エキスパンションシンボルについての解説については以下の記事で行っておりますので、
エキスパンションシンボルの事を詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。

 

 > MTGのエキスパンションシンボルとは何?

 

古いカードには神話レアが無かったり、色分けが存在しないバージョンもあります

困る

ただし、上記の方法には実はいくつか注意点というものがあります。

 

大体のカードであれば上記の方法で見分ける事が出来るのですが、
一部のカードは上記の方法では見分ける事が出来ません。

 

では、どのようなカードが見分けられないのか?
と、言うと以下のものが該当します。

 

 

色分けがされていない

 まず、注意して欲しい事の一つは
 MTGのカードがレアカードかどうか判別するためには、
 マークの色を確認する事が手っ取り早いのですが・・・。

 

 実はカード自体に色分けがされていないものがあります。
 色分けがされていないため、色で判別することが出来ません。

 

 では、何故?色分けがされていないカードが存在するのか?というと、
 古いカードは印刷された当時に色分けするという概念が無かったためです。

 

 具体的にカードの色分けが開始されたのは、
 1998年6月に発売された「エクソダス」というカードバージョンが発売されてからであり、
 それ以前に販売されていたバージョンのカードにはレアカードの色分けがされていません。

 

 

神話レアが存在しない

 更に、MTGのカードのバージョンによっては、
 神話レアが存在しないバージョンも存在します。
 実は古いカードには神話レアというものは無いんですね。

 

 神話レアというのは2008年10月に発売された「アラーラの断片」という
 カードバージョンが発売されてからであり。
 それ以前に販売されていたバージョンのカードには神話レアカードというものは存在しません。

 

 神話レアではなくレアカードが最も価値のあるカードということになります。

 

 

マーク(エキスパンションシンボル)が無い

 最後に実はカードにマーク(エキスパンションシンボル)が印刷されていないというバージョンもあります。

 

 黒枠アンシー

 

 1997年4月以前に販売されているMTGのカードには
 一部マーク(エキスパンションシンボル)が付いていないバージョンのカードもあります。
 マークが付いていないカードは非常に古いカードのため、
 べらぼうに価値が高いカードも多く1枚で数万円〜ウン十万円するようなカードがゴロゴロあります。

 

 

以上の3点がレアカードの判別で注意する事になります。
ちなみにどのカードのバージョンに色分けがされているのか?
神話レアがあるのか?マークの有り無しがあるのか?
に、ついては以下の記事で一覧を記載していますので詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

 

 > MTGのエキスパンションシンボル一覧


レアカードの見分け方まとめ

案内

以上でMTGのカードのレアカードの見分け方のまとめになります。

 

途中で例外のカードもいくつか書きましたが、
基本的にはカードのマーク(エキスパンションシンボル)を
確認するだけでレアカードの見分けが可能になります。

 

そのため、レアカードだけ抽出してレアカードの価値がどの程度なのか?
と、言う相場を調べてみると良いですね。
基本的にはアンコモン、コモンは価値が低く、あまりお金にはなりませんので、
レアカード、神話レアカードだけの価値を調べてみると良いでしょう。

 

ちなみにMTGのカードの価値の調べ方は以下の記事で掲載しておりますので、
カードの相場を調べたいという方はチェックしてみてくださいね。

 

 > MTGのカードの買取相場の調べ方とは?カードの価値を知る方法



MTGのカードはどこで売れるの? MTGのカードの買取相場の調べ方とは? MTGのカードを高く売るためにはどうすれば良い? ヤフオクでMTGのカードを高く売る為に必要な事 MTG 買取 おすすめ