不毛の大地 買取価格 相場

不毛の大地の買取価格&相場はいくら?

不毛の大地

「不毛の大地/Wasteland」の
最新のネットの買取価格相場は以下のようになっています。

 

###調査日###

 

###不毛の大地/Wasteland###

 

上記の価格が現状の相場となっていますが、
あくまでも上記の買取価格情報はカードの状態が
良い場合の買取価格となります。

 

当サイトのMTGの買取相場の調査方法について

 

###不毛の大地/Wasteland相場###

 

> MTGのカードを高く買い取ってくれるおすすめの買取業者を知りたい方はコチラをクリック!


不毛の大地の買取価格が高い理由

不毛の大地

「不毛の大地/Wasteland」は1997年に発売された「テンペスト」の
エキスパンションセットに含まれるアンコモンの土地カードです。

 

無色マナを生み出すだけでなく自らの土地を生贄に捧げる事で、
対戦相手の基本地形以外の土地カードを破壊する事が可能です。

 

レガシー環境ではデュアルランドを始め、
リシャーダの港/Rishadan Port」や
「ミシュラの工廠/Mishra's Factory」、
「反射池/Reflecting Pool」のような特殊土地カードが使われます。

 

そのため、それらの土地を破壊出来る
「不毛の大地/Wasteland」は非常に需要が高い土地カードです。

 

大抵のレガシーデッキでは4枚積みがデフォルトと言って良いほど使用率が高く、
需要の割に流通が低いため「force of will」と並ぶ高額アンコモンカードです。

 

事実Magic Onlineでは「テンペスト」のブースターは「不毛くじ」と呼ばれてるぐらい、
不毛の大地が必要とされているわけですね。

 

「テンペスト」は再録禁止のエキスパンションセットですが、
「不毛の大地/Wasteland」はアンコモンカードのため、
再録禁止カードに直接指定されているわけではありません。

 

そのため、再録されてしまう可能性もゼロではありませんので注意が必要です。

 

###フッター###



MTGのカードはどこで売れるの? MTGのカードの買取相場の調べ方とは? MTGのカードを高く売るためにはどうすれば良い? ヤフオクでMTGのカードを高く売る為に必要な事 MTG 買取 おすすめ